STUDYing

リアルな評判【スタディング】合格者の口コミを確認する⇒司法試験・予備試験の予備校

社会人合格者・トモキ
社会人合格者・トモキ
法律初学者でしたが予備試験の受験を決意し、まずはスタディングの予備試験講座を受講しました。

学生時代にも司法試験に興味を持っていましたが、予備校の講座料金の高さだったり就職のこともあって諦めていました。

社会人になり仕事も落ち着いてきた頃、「でもやっぱり受験したいなあ」という気持ちが芽生えたのです。

働きながらの勉強なので、オンライン受講したかったし、初学者なのでまずは学びやすい講座が良かったのです。それに社会人になっても金銭感覚は学生の頃と変わらず、むしろお金にはシビアに。なるべく安い講座が良かったということもあります。

そんな条件にピッタシだったのが「スタディング」でした。

合格できた今、スタディングのメリットの良さも、デメリットも良く理解できているので、皆さんにも説明できればと思います。

STUDYing(旧通勤講座)とは?

スタディング(旧通勤講座)は、オンライン上で学べる難関資格の学習サポートシステムです。受講生は隙間時間を有効活用し、スマホだけでいつでも勉強できます。

分割払いだと月々4000円からの料金で学べます。講義時間もコンパクトに区切られているから初学者でも利用しやすいという特徴があります。

簡単に言うと、内容と質が良いのにも関わらず、受講料が半端なく安いと言う点にスタディングの特徴があります。

予備試験に最終合格するためには、使い方を工夫する必要はあるのですが受講料が低額なので勉強を始めやすいですし、合格するまで考えてみても圧倒的に受験費用を節減できます。

スタディングの総合評価点(口コミ調査)

STUDYingの評価
  1. 講座料金の安さで選ぶなら断然スタディング
  2. 初学者は、まずはスタディングで学習

スタディングは、低価格だけど良質な教材なので、実際の受講者のリアルな評価は高いです。

講座申込もWEB上で完結するし、早くて翌日には視聴可能となります。

スマホでも受講できるので、場所を選ばず勉強できるため時間の無駄がなく学習効率が良いです。

予備試験合格者からも高評価⇒STUDYing
合格者の評価
値段一括:8万2500円〜(キャンペーン価格あり)
分割:月々4000円〜
合格者の評判実際にスタディングを利用して、司法試験に合格した人の体験談を公式HPで読むことができます≫

\無料受講もできます/
スタディング公式HP≫

スタディングは初学者には最適な教材です。特に働きながら勉強するなど、忙しい方には申し分ない学習システムだと実感します。至れり尽くせりな学習環境です。

スタディングの講座料金(評判)

スタディングの講座料金

コストパフォーマンスが良い 

予備試験合格:基礎コース8万2500円 (基礎講座+短答対策)
予備試験合格:総合コース12万9800円 (基礎コースに加え実務基礎+論文対策も)

スタディングの講座料金は、予備校で一番安くて、分割払いだと「月々4000円〜」の支払いで済みます。

スタディングを利用すれば安価で学習することができます。

お金を節約しながら勉強を始めたい方

そんな方は、スタディングを利用すると良いでしょう。

お金を節約しながら、スキマ時間を効率活用して、基礎となる実力を身に付けることが可能です。

【リアルに比較】予備校講座の料金・特徴〈口コミ評価〉

予備試験の対策講座⇒料金・特徴をリアルに比較(口コミ)

予備校名料金特徴
スタディング8万2500円〜オンライン教材として初学者が利用することが多い。社会人受験生などに人気がある。受験仲間と励まし合いながら勉強もできるが、質問フォローに弱い。基礎学習を終えたらアガルートや資格スクエアを利用する人が多い。
アガルート29万円〜総合型のオンライン予備校であり、資格スクエアと同様に合格者の評価が高い。どちらかというと基礎学習を終えた方が本格的に論文と短答対策をするときに利用することが多い。詳細はこちら≫
資格スクエア49万円〜近年、合格者に評判が高いオンライン予備校。合格から逆算して効率的に学習できる。短期合格者や社会人合格者の評価高し。詳細はこちら≫
伊藤塾129万円〜大手予備校の安心感はある。しかし重厚な教材を用いるが消化不良となる受験生が多い。料金が高いし講師の質はそれほど高くはない。詳細はこちら≫
LEC60万円〜大手予備校。LECは自習室が良いことで評判。講師との相性が悪いと難ありで若干リスクあり。。詳細はこちら≫

司法試験の敷居が高い理由としては、勉強するには多額のお金が必要だ、と言う点が挙げられます。

従来型の大手予備校(伊藤塾・LEC)だと、学校に通うのと変わらない講座料金となるので、容易に勉強を始めることが出来ませんよね。

私も金銭負担がネックとなり、学習開始に二の足を踏んでいましたが、スタディングのお陰で最初の一歩を踏み出すことができました。

まずスタディングで勉強してみて、自分に向いてなければ辞めればいいし、さらに本格的に勉強したくなってスタディングでは物足りなくなったら他の予備校講座で穴埋めすればいいと思えたのです。

知り合いにスタディング受講から始めて弁護士になった方が居たので、わたしも同じ戦略で合格を目指そうと思えたのです。

スタディングの講座料金は、上記の比較表を見ても分かるように、圧倒的に安いです。スタディングは基礎講座の質が良く、自学自習の学習システムも使いやすくカスタマイズされており、モチベーションを上げやすい工夫がされています。

予備試験合格に向けて、スタディングで基礎力を養成し終えた後、予備試験の短答対策として、資格スクエアから無料で提供されている「予備試験対策短答アプリ」を利用し、過去問を何度も解き直しました。自分の苦手知識をAIを用いて繰り返し出題されるのでかなり良いアプリです。

無料の短答アプリは公式HPからダウンロード可能です≫

スタディングと資格スクエアの短答アプリを使って、予備試験の短答式試験に合格しました。わたしにとって、合格は快挙でして、そのまま勢いで論文試験の勉強に突入したのです。

スタディングの講座だけだと論文式試験対策に不安があったので(添削指導がありません)、そのまま資格スクエアを受講しようとも思いましたが、わたしの時には論文対策講座だけの受講ができなかったのです。

そこで、スタディングと同じく合格者の評価が高い「アガルート」で論文対策を受講しました。アガルートの論文対策もかなり良かったので、オススメです。

結局のところ、わたしの場合、スタディングの講座だけでは最終合格までは難しかったのです。でも、資格スクエアの無料アプリとアガルートの論文対策講座を利用して、予備校の良いところを使い分けて勉強できたことが勝因だと感じます。

司法試験の対策講座⇒料金・特徴をリアルに比較(口コミ)

予備校名料金特徴
スタディング11万円初学者が利用することが多く、社会人受験生に人気がある。低価格が魅力的だが、学習フォロー体制が弱い。予備試験合格後の司法試験対策は「資格スクエア」か「アガルート」を利用すべし。
資格スクエア17万円〜近年、合格者に評判が高いオンライン予備校。合格から逆算して効率的に学習できる。短期合格者や社会人合格者が強くおススメしている。詳細はこちら≫
アガルート28万円〜総合型のオンライン予備校であり、資格スクエアと同様に合格者の評価が高い。必要な講座を単発受講できるので、費用も抑えることができる。詳細はこちら≫
伊藤塾60万円〜大手予備校の安心感がある。しかし重厚な教材を用いるが消化不良となる受験生が多い。講師の質はそれほど高くはない。詳細はこちら≫
LEC32万円〜大手予備校。LECは自習室が良いことで評判。講師との相性が悪いと難ありで若干リスクあり。。詳細はこちら≫

予備試験に合格した後、司法試験を受験する段階までレベルが進んだ際には、スタディングだけでは物足りなさを感じるはずです。

スタディングは基本事項のインプットや、演習教材としては秀逸ですし、論文の書き方講座なども評判が高いのですが、

論文答案を実際に書いて、添削してもらう事ができません。ですから、司法試験を受験する時には、補う意味において「資格スクエア」か「アガルート」を受講すると良いと思います。

スタディングの評判⇒予備校比較・総合順位

予備校比較NO1

「安さ」と「質」の費用対効果で、断トツ1位!

司法試験系の予備校、通信オンライン講座は複数ありますが、STUDYingは「低価格」なのが売りです。初学者が最初に利用すると非常に使い勝手が良いのです。

「通勤中」
「通学中」
「就寝前」

隙間時間に利用できるので、いつでも授業を聴けて、問題演習が出来ます。
費用対効果の点から、予備校の中でも評判順位は高いです。

スタディングの予備試験講座は、講座料金と入門講座の良さで、断トツNO1です。スキマ時間も有効活用できるのは良いところですね。資格スクエアの学習システムやサポート体制の方が良いところもあるのですが、でも費用対効果の観点から検討するとスタディングの方が良いように思います。

スタディングの評判:授業の解りやすさ〈講師陣の評価〉

スタディングの授業・講師

社会人受験の経験者 

スタディングでは、実務家講師が講義を担当しています。講師は社会人受験生の経験もあり、法科大学院を卒業するなどの経歴です。

授業内容は解りやすいので、初学者が学ぶにはちょうど良いレベルと言えます。

特に、法律の基本を学びたい方、予備試験の短答式試験の突破を目指している方や、社会人受験生に評判が良いようです。

論文対策講座もポイントを抑えた良い講義で、論文試験を合格するための重要ポイントを解りやすくアドバイスしてくれます。

基本理解力を向上させてくれるので、STUDYingの授業は良いと言えます。

講義時間も1回20分〜30分程度の長さなので、小まめにスピード感を持って学習することができます。

小村 仁俊
元・社会人受験生。法政大学法科大学院卒業後2010年に司法試験合格。

2016年からスタディングで受験指導をしており、「スタディング 司法試験・予備試験講座」では「基本講座」を担当している。

小倉 匡洋

元・社会人受験生。法政大学法科大学院卒業後2012年司法試験合格。

論文の書き方指導では定評がある。「スタディング 司法試験・予備試験講座」では、「論文対策講座」を担当。

スタディングの評判:教材テキストの質・解りやすさ

スタディングの教材

自学自習に長けている 

STUDYingは教材の質も悪くありません。講義資料や教材、問題集はオンラインで解りやすくまとまっています。予備校教材の中でも上位に入ると思います。

講義で使用されるスライドも解りやすいです。整理された判例の事案概要もオンラインで確認できますし、使いやすい重要キーワードの暗記ツールも付いています。

STUDYingのオンライン教材には問題集も付いており、苦手分野や間違えた問題を繰り返し学習できる機能は便利です。受講者全体の平均点を確認することで、自分の学習レベルを確認できます。

自分用のまとめノートを作成することで学習効率も上がります。

スタディングで学んでいる勉強仲間とはSNSを通じて励まし合い、競い合い、コミュニケーションをとりながら勉強することも可能です。

費用対効果と実績で選ぶなら「STUDYing」
合格者の評価
値段業界最安値(オンライン予備校)
評判講座内容と学習効率で評判が良い講座

\無料受講ができます/
スタディング公式HP≫

講座資料の分かりやすさや、講師陣の親しみやすさ、価格の安さがオススメできるPointです。

メモ機能などの学習システムも整っており、サイトも分かりやすく整理されています。

しかも、1コマ終われば確認テスト(小テスト)も実施してくれます。今の自分の理解度を確認しながら進めることができるので計画を立てながら、仕事等との両立がしやすいです。

スタディングの評判⇒時間を有効活用

STUDYingは予備試験の基礎学習で利用していました。電車の中や細切れの時間に、サッと効率よく受講できるので効率的学習できた点が良かったです。

いつでも勉強に立ち向かう姿勢ができ、学習を習慣化することもできました。

受験勉強の免疫力が身についたこと、基礎学力がついたこと。これがSTUDYingの最大の魅力です。

合格者の彩
合格者の彩
ご認識のとおり、予備試験は難関試験なのが、STUDYingの講座で基礎力を身に付けることができます。

いきなり本格的な予備校で勉強を始めると、難しくて挫折する人も多いですし、大手予備校の費用は100万円を超えるので、まずはスタディングで勉強して基礎力をつけると良いでしょう。

合格者
合格者
予備試験対策講座は、法科大学院の入試対策にも有効です(詳細はこちら)。

法科大学院入試を受験する場合は、スタディングで基礎の勉強をして、各校の過去問分析講座の評価が高いアガルートを受講すれば十分でしょう。

時間を有効活用「STUDYing」
合格者の評価
値段業界最安値(オンライン予備校)
評判電車の中など隙間時間を有効活用できる、人気講座

\無料受講もできます/

スタディング公式HP≫

費用対効果と、学習効率で選ぶなら、スタディングは最適です。

それに、1コマが短い時間で収まっているので無理なく勉強ができます。

スタディングの評判⇒短期合格できるか?

スタディングを利用することで、効率よくインプット学習することができるので、予備試験の短期合格を目指すことは可能です。

しかし、スタディングだけ利用して合格することは難しいかもしれません。

ある程度勉強が進んできて、本格的な論文対策を検討するようになったら、資格スクエアアガルートといった、他の予備校の利用を検討しても良いでしょう。

もっとも、「効率的な学習」や「勉強の始めやすさ」においてスタディングは長けています。

実力者の受験生にとっても、論文講座を受講することで、書き方の視点など新たな発見をすることができたというクチコミ評価もあります。

合格者の話を吸収することが出来るという意味で、スタディングを受講する価値があります。

評判:STUDYingの講座

評判:法科大学院・入試対策講座

全体個別講座合格者の評判
LS入試法科大学院・入試対策講座

評判:予備試験対策講座

予備試験予備試験対策講座

評判:司法試験対策講座

司法試験司法試験対策講座

スタディング⇒合格者の口コミ

口コミ① 学習フォロー体制

受講生
受講生
スタディングはガイドに従って学ぶ内容を決めてもらえるところが良かったです。問題演習も効率的に解くことができました。勉強時間や学習進捗状況も可視化されるので勉強の習慣が身につきました。

口コミ② 学習効率性

受講生
受講生
一つ一つの講義が30分弱でコンパクトにまとまっているのっで勉強しやすいです。オンライン上に自分の学習内容をまとめることが出来るのは便利でした。

口コミ③ 合格お祝い金制度

受講生
受講生

STUDYingの講座を受講して、予備試験か司法試験に合格された方には、合格お祝い金が支給されます。

お金がもらえると思うとモチベーションが上がります!

口コミ④ STUDYingの勉強仲間機能

受講生
受講生

受験勉強仲間がいると、やる気も上がり、合格しやすくなります。

スタディングで勉強すると、切磋琢磨しあえるオンライン上の仲間ができるので、良い意味での刺激を受けることができる。

それがSTUDYingで学ぶ大きなメリットです!

口コミ⑤ 論文答案の書き方講座

受講生
受講生

スタディングで論文の合格答案の書き方を学ぶことができました。

実践的な法的三段論法に従った論述について、わかりやすく解説してくれます。

暗記に頼らず「問題文から規範を導き出す実践的な方法」は役立ちました。分析された事例問題を利用した学習で、講師の参考答案が参考になりました。ただし、論文答案の添削サービスはないので、論文対策はアガルートなど、フォロー体制が整っている講座を受講すると良いでしょう。

結局、スタディングは予備試験・司法試験の受験に有用か?

スタディングの評判

スタディングは使い勝手が良い 

結局、スタディングを利用することは、予備試験・司法試験の合格に有用だと言えます。

低価格で受講できるので、気軽に勉強を始めやすいところが一番のメリットでしょう。

一人で出来ることには、限界があると思います。独学ともなると、自分のモチベーションの維持や、計画がズレてしまったりと大変なこともありますが、スタディング(旧通勤講座)の講座であれば、頼り甲斐のある先生方も居ます。

合格までの道のりは険しいですが、その先の目標に向かって悔いなく全力で走ってほしいです。たとえ不合格であっても何度でも挑戦してほしいと願っています。

\無料受講もできます/
スタディング公式HP≫

基礎学力を身に着ける講座や問題が基本なので、初学者向けのオンライン予備校と言えますが、論文試験の講座で話されている内容は、難関である論文合格にとって重要な内容なので、実力者が受講しても役に立つこと間違いありません。

〜2020年・4月調査結果〜

受講生に人気が高いのはスタディング

\無料講座で試せる!/

STUDYingの公式HPを確認する≫

スタディングには評判が良い講座が多いです。
気になる講座は必ずチェックしましょう。