司法試験に不合格

【背水の陣】来年も司法試験を受験する⇒再チャレンジ受かるまで!

まずはお疲れ様でした。

貴方が頑張ったことは貴方自身がよく知っています。誰かに解ってもらう必要はありません。

貴方が抱えている絶望的な気持ち、行き場のない感覚を思うと言葉が出てきません。

まずは少しの間、休息を取って欲しいところですが、
一方、出来れば次のステップに早く進まれることを祈るばかりです。

来年の司法試験を受験⇒敗因分析

来年の司法試験を受験する決意が出来たならば、まずして欲しいことは敗因分析です。

不合格だった理由を客観的に分析してみましょう。

これは自己否定感が強い、辛い作業になります。

  1. 自分が落ちた原因は何か?
  2. 敗因を克服するにはどのような対策をとればいいか?
  3. 来年の試験当日まで、具体的にどのような行動を取ればいいか?

敗因分析を大まかにでもイメージして、スケージュールに落とし込みましょう。

(短期)合格者の真似をする

敗因分析や具体的な受験対策を考える際には、実際に合格した人の真似をするようにしてください。

合格者が当たり前のようにしていること、考えていること、判断していることを空気のように感じることができる環境に身を置くことです。

合格と不合格の差は紙一重です。

同じ努力をしていても、合格・不合格の結果が出ます。

貴方が当たり前のようにしていないことで、合格者が当たり前のようにしていることを感じ取ることが大事です。

出来れば短期合格者に触れることができる環境を創りましょう。

来年の司法試験受験⇒具体的な受験環境づくり

来年の試験当日までの長い時間、毎日、合格者の思考プロセスや行動基準を体得することが大事です。

徹底して、短期合格者の真似をすることです。

まずは、短期合格者からノウハウを吸収できる環境づくりをしてください。

 

合格に向けて予備校を使い倒そう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください