独学

【自学自習】司法試験予備試験の独学合格は本当に難しいの?テキスト・参考者や勉強法を解説!

31才で司法試験に合格
31才で司法試験に合格
弁護士を目指して、28歳で社会人受験生として予備試験を受験し、31歳で司法試験に合格することができました。

予備試験そして司法試験に勉強するためには自学自習が基本となります。

当然のことながら、司法試験は予備校に通ったから合格できるような簡単な試験ではないからです。

司法試験の世界において、完全な独学で合格することはまず無理だと思ってください。

自学自習を基本としながら、独学を助けてくれる予備校をうまく利用することで合格が見えてきます。

\ 自学自習に適する予備校 /

 資格スクエアの詳細≫

リアルな評判【資格スクエア】合格者の口コミを確認する⇒司法試験・予備試験の予備校 資格スクエアの司法試験・予備試験講座 資格スクエアの講座 短期合格・効率学習 アウトプット中心の実践方式 ...

敵を知る→司法試験予備試験はどんな試験?

  • 予備試験は、合格率が例年3%程度の難関試験
  • 合格する方法論が存在する
  • 自学自習が大事だが予備校をうまく利用する必要性あり

ここで司法試験予備試験とはどのような試験であるか?独学合格の観点も踏まえて見直しておきましょう。

予備試験の合格率は例年低く推移しており、難関試験の部類に入ります。

予備試験の最大の特徴は、その人が持っている総合的な実力が測定される試験であるという点にあると言えそうです。
他の資格試験などと比較しても、なんとなく勉強して合格できる試験ではないのです。

予備校に通ったから合格できる試験ではありませんし、
誰か有名な先生に教えてもらって受かる試験でもありません。

あくまでも自分で学び取ろうとする姿勢が重視される試験、それが予備試験なのです。

独学が基本となる試験であり、独学(自学自習)無くして合格することはあり得ない。そんな試験です。

司法試験の予備試験においては、ハイレベルな受験生と競い合うことになります。受験生の中には記念受験する人もいますが、

いずれにしても自分の学力や能力に自信がある人々が受験してきます。

それに、予備試験の出題範囲は広く、膨大な学習量が必要となります。

通常の人間の能力では、全てを完璧にマスターすることは難しい量と質があります。

ですから、他の受験生との兼ね合いを見て、相対的に判定した上で合否判定されることになるのです。
予備試験とは、まさに「効率的に学習できた人」が合格できる試験と言えるわけです。

予備試験に合格する方法は、合格者の数だけ沢山あるのですが、しかし、合格者のみんなが持っている共通項は確かに存在します。

勉強方法はたくさんあるものの、合格者に共通する合格の秘訣(勉強環境)を習得している人だけが合格できる。効率よく勉強した順番に通り抜けていく試験なのです。

予備試験は頑張っただけでは決して合格することは不可能な試験です。
合格者の真似して、合格のコツを掴んで努力した人だけが合格できる試験と言えます。

司法試験予備試験に独学合格は難しいとされる理由

予備試験に合格することは完全なる「独学」では難しいとされています。実際に独学だけを貫いた勉強法では99.9%の人が合格まで辿り着くことはできないでしょう。

予備試験で求められる学習量は広く、解答レベルの質は高いものがあります。それに試験を得意とするスペシャリストが受験してきます。

予備試験に合格するためには、合格ノウハウがあることをよ〜く理解できてなければならないのです。

「自分は大丈夫」

そんな過信慢心は禁物です。

これまでの人生における受験の成功体験だったり、自分は出来るというプライドは、予備試験に合格する上で邪魔となります。

司法試験予備試験には、合格するためのオリジナル方法(合格メソッド)が存在します

合格する方法があることに気づけていない。意識していない。

そんな人は必ず苦労し、壁に打ち当たり、敗退する運命にあることでしょう。

たくさん勉強すれば合格する試験ではありません。
合格するために真に必要なものを見極めて、限られた知識理解を使って考える。それが予備試験なのです。

予備試験に独学で挑むことのメリット

「予備校に通いさえすれば大丈夫、カリキュラムについて行けば合格できる」

そんな勘違いをしている人は相当数いらっしゃいます。

予備校に通ってお金を払い、膨大な学習資料を手にする。そしてたくさんの授業を受けて、体力の続く限り多くの時間を勉強に費やす。

確かに予備校に入り浸って勉強に没頭すれば、試験に対する不安感を払拭できることでしょう。
自分は大丈夫だ、合格できると思えるはずです。

しかし、予備校に通ったからといって、実際に予備試験に合格できるわけではないことは肝に銘じておきましょう。

「自学自習」の精神を意識することは非常に重要です。

予備校は利用するもので自学自習が基本であるということを意識して勉強することです。そうすれば「予備校に通えば合格できる」という勘違いに陥らなくて済みます。

これが独学(自学自習)することのメリットです。

自学自習を実践すれば予備校に通って気が緩むという、よくある「不合格パターン」に陥るリスクを回避できる

予備試験に独学で挑むことのデメリット

学習量だけは沢山こなしたけど、内容が伴わない勉強をしてしまった。

その結果として本試験に不合格となる。これが予備試験に独学で挑むことのデメリットです。

独学で予備試験の勉強をすることは、マイペースで落ち着いて勉強できることの反面として、自己満足的な勉強になりがちなのです。

自分がやりたい勉強をやっているだけ。学習の方向性がそもそも間違っているので予備試験に合格するために必要な勉強ができていない危険性があります。これは自分自身で気がつくことが難しいことでしょう。

独学を貫くと、自分独自の学習メソッドで勉強するために、学習効率が悪くなる傾向にあります。

それにまた、最新の受験情報を把握しづらいために、合格者が持つ常識的な勉強ノウハウを知ることも難しい状況に陥りがちです。

独学受験生の多くは、試行錯誤しながら勉強を進めていくことになり無駄な作業を沢山してしまいます。効率的な学習が困難です。受験期間が長期化することが予想されます。
受験勉強に対して支払う学習費用も高額になりがちです。

司法試験予備試験に独学合格は本当に可能か

予備試験に独学で合格することは可能です。

まずは、独学(自学自習)しなければ合格できないという意識を持つことが基本となります。

誰も助けてはくれません。誰に頼るのでもなく、自分自身の頭で考えて勉強する姿勢を強く持つことです。

自学自習の姿勢を保持すること。その上で、合格者の勉強法や学習環境、そして使っているテキストを参考にして自分の勉強に取り入れてみることです。

「合格者はどこの予備校を利用しているのか?」

合格者に評判が良い予備校を調べて、その予備校をどのように利用しているのかについても確認しておくべきなのです。

合格者から学ぶことは沢山あります。勉強方法だけにとどまらず、日常的な生活リズムまで、あらゆることを参考にしてみることです。

問題を解くにあたっての頭の使い方、考え方。問題を解くときに迷った時にはどのように考えて判断しているのか。どのような思考のフローチャートに従っているのか、

そんなことを一つ一つ研究して、それを真似ることが重要となります。

自分に足りないものは何か?ということを絶えず意識して、合格に近づく努力をする心構えが大事となります。

独学で予備試験に合格できる人の特徴

司法試験に独学で合格することは難しいことのように聞こえますが、

独学とは「自学自習すること」の意味でありますから、その意味では合格者のほぼ全員が独学合格していると言えます

(独学で合格する)合格者の特徴は、あくまでも「勉強は自分自身でやるもの」という意識が強い点にあります。

予備校に通っているから安心だ!という意識を持つのではなく、

予備校は完璧ではない。この予備校からはどのような学習ノウハウを吸収できるのか、どのように利用できるのか?ということを意識しています。

予備校に通っている状態に満足するのではなく、絶えず合格に向かって自問自答しながら継続して勉強しています。

継続学習するための学習習慣を構築することも得意です。

独学(自学自習)を助ける学習テキスト

司法試験予備試験を勉強する際には、たくさんの学習ツールが出回っています。

勉強を始めたばかりの頃は、その法律科目の全体像をざっと俯瞰できるテキストが良いと思います。

全体像を掴んだ後には、択一の出題範囲や論文の出題範囲にフォーカスして、合格するために必要な範囲を絞り切った学習テキストや教材を使うべきです。

司法試験の学習範囲は非常に広いので全てを学ぶことは不可能ということに早めに気づいてください。

完璧主義では合格することは難しいと考えましょう。

合格者はどのようにして学習範囲を絞って効率的に学習しているものか、研究する必要があります。

労力的にも費用的にも一番コスパが良いのは、短期合格者を輩出しており、合格者の評判が良い学習ツールを使用することです。

資格スクエア」は自学自習(独学)を基調とする予備試験合格者には好評なのでおすすめの学習ツールとなります。

資格スクエアで学んで、不足する部分を「アガルート」を講座を利用して補う、という合格者の方をよく見かけます。

リアルな評判【資格スクエア】合格者の口コミを確認する⇒司法試験・予備試験の予備校 資格スクエアの司法試験・予備試験講座 資格スクエアの講座 短期合格・効率学習 アウトプット中心の実践方式 ...
リアルな評判【アガルート】合格者の口コミを確認する⇒司法試験・予備試験の予備校 アガルートの司法試験・LS講座 アガルートの講座 クオリティが高い 初学者から上級者まで コストパフ...

合格まで独学を継続するコツ

予備試験に合格するまで独学を継続することは至難の業です。

ただでさえ司法試験予備試験の勉強はストレスがかかりますし、モチベーションを維持し続けることも容易ではありません。

良い意味で学習のペースメーカーとなってくれる学習システムを利用する必要があります。

毎日机に向かう、毎日勉強するということを継続すること自体はできる人が多いのですが、

合格するために必要な勉強を、正しい方法で、横道に逸れることなく勉強を継続できるような学習環境を構築することが重要になるのです。

「資格スクエア」は自学自習(独学)に適した学習ツールです。

合格に必要となる知識は何か?不要な知識や学習は何か?ということに気づくことができるので、無駄な勉強をしないで済みます。

自学自習に適した学習システムが採用されているので、迷うことなく合格につながる勉強を進めることが可能です。

資格スクエアの詳細≫

リアルな評判【資格スクエア】合格者の口コミを確認する⇒司法試験・予備試験の予備校 資格スクエアの司法試験・予備試験講座 資格スクエアの講座 短期合格・効率学習 アウトプット中心の実践方式 ...

再確認⇒予備試験と法科大学院どっちが良い?

司法試験の合格率
法科大学院修了生30〜40%
予備試験合格者90%以上

司法試験に独学合格する観点から見ると、予備試験ルートと法科大学院ルートはどちらが適しているでしょうか。

合格するために必要な勉強を独学(自学自習)するためには、無駄な勉強を省かなくてはいけません。

予備試験の勉強は司法試験に直結する勉強なので、学習範囲、勉強内容共に合格につなげることが可能です。

法科大学院の勉強も司法試験につながるのですが、直結するかは疑問です。法科大学院における授業は学者先生の学習指導内容が多いこともあり、また学習カリキュラムの観点からしても司法試験に直結すると言い難い側面があります。

法科大学院に入学すると学校の勉強と司法試験の勉強を区別して考える必要があるという現実があります。学校の勉強を終えてから司法試験の勉強に取り掛からなくてはいけないという意味で負担は大きいものがあります。

法科大学院で勉強して卒業することにもそれなりの意味もありメリットもあるのですが、
独学で勉強して、効率よく合格したいと考える人には「予備試験」がおすすめと言えると思います。

独学(自学自習)に適したオススメの予備校は?

独学(自学自習)に適した予備校は、第一に「資格スクエア」です。

資格スクエアで勉強することで短期合格者の学習メソッドを体現することができます。

予備試験に合格するために必要となる知識の核となる部分を明確に理解できるので「目から鱗だった」と表現する合格者も多数います。

勉強方法や合格に向けた目標設定、学習スケジュールの設定という面でも長けており、自分自身を合格体質に改善することが可能になるでしょう。

資格スクエアで合格するために必要となる幹となる部分を徹底的に鍛えることが重要だと思います。

その上、自分の弱点を補強したかったり、もう少し深掘りした勉強したいという必要性が生じた場合には「アガルート」を利用することが良いと思います。

独学合格は難しい?⇒司法試験予備試験を受験する

司法試験予備試験に合格することは容易ではありません。最も難しい試験の部類に入ると思います。

しかし、自学自習(独学)する心構えがあるのであれば、合格への道は確実に開けていると思います。

大事なことは、自分の勉強法には「思い込み」がたくさん紛れ込んでおり、それが合格の障害になることを自覚することです。

自分自身は、今は合格からかけ離れた位置にあることを自覚すること。自分を合格体質に改善する意識を持ちましょう。

合格者は合格するべくして合格していきます。

その合格者に共通する合格ノウハウや思考方法、合格リズムを掴むことが合格する近道であり、また合格するための唯一の道です。

合格者の真似をして合格リズムを盗み学ぶために、そのために予備校を利用することが独学合格を成功させるただ一つの方法となります。

\ 合格者オススメの予備校 /

資格スクエアの詳細≫

アガルートの詳細≫

合格に向けて予備校を使い倒そう!