LEC

リアルな評判【LEC】合格者の口コミを確認する⇒司法試験・予備試験の予備校

合格者・川上
合格者・川上
LECで講義を多数受講したので、LEC情報には詳しいです。

司法試験の受験にあたり、伊藤塾・LEC・早稲田セミナー・辰巳法律研究所、そして資格スクエアと、あらゆる予備校を利用して勉強しました。

予備校情報については、リアルに語る自信があります。ご参考になれば嬉しいです。

LECのリアルな評価点

LECの評価

受講する際は講師との相性を確かめること

LEC(東京リーガルマインド)は、老舗の法律系予備校です。

法律系のあらゆる資格試験の対策講座を開講しており、伊藤塾が開設されるまではLEC一強の大手予備校でした。

有名な講師を多く輩出してきた過去がありますが、司法試験の受験界に限っていえば、最近はかつての勢いはみられません。

受講生からの講座の評価もバラツキがあるように感じます。講師の先生によって講義の質が変わるようですので、LECを受講する際には、「講師の評判」や「自分との相性」を確かめてから受講すると良いでしょう。

LECの評判と予備校比較・総合順位

LECの評判

LECは「自習室」と「本屋さん」

LECは司法試験の予備校の中でも、校舎が全国展開されています。

首都圏以外に住んでいる地方在住の受験生でも、教室で講義を受講したり、自習室を利用したりする際にはLECを利用することが多いです。

「LECは自習室」

と言うように、自習室を利用したいがあまりにLECの講座を受講する人も見受けられます。

評判:LECの講座・講師

評判① LECには看板講師が不在

LECの授業・講師

多様な講師陣 

LECには多数の講師がおり、あらゆる受講生のニーズに対応してもらえる、と言うことなのかもしれません。

しかし、看板講師が存在しておらず、講師の能力にもバラツキが激しくあります。

シニア世代の人には、予備校と言えばLECという感覚を持つ人も多く、取り敢えずLECで受講しておけば大外れはしないという安心感はあるかもしれませんが、

大手予備校だからLECは安心というわけではないことには注意を払いましょう。

評判② 講義内容はインプット中心

LECでは、どちらかと言えば講義中心の学習形態が採用されており、インプット授業をペースメーカーとして学力向上を図りたいという方には向いている予備校と言えます。

レジュメは講師ごとに異なるので、解りやすさにはムラがあるかもしれません。

しかし、総合的に見れば、一定レベルは必ず保っており、大外しはしないという意味で、LECの講座や講師は評価することができます。

評判③ 予備試験・司法試験・法科大学院入試対策講座

予備試験対策、司法試験対策、法科大学院対策と、対策別に講座が整理されている点も受講生にとっては魅力的です。

評判④ 複数の講師陣

複数の講師陣LECには多数の専任講師が在籍しています。最近では有名な講師が少なくなりましたが、それでも多くの若手講師陣による講義が実施されています。
柴田講師勝手の看板講師であり、最近出戻りで講師をしているベテラン講師。旧司法試験の合格者であり最近の予備試験や司法試験、法科大学院入試の対策に長けているのかは疑問がある。ちなみに、アガルートにおいては行政書士講座を受け持っている。
赤城講師旧司法試験合格者であり実力派。勉強方法や法的思考の教え方がうまい。好き嫌いは分かれるが、マニアには評判が良い。
武山講師予備試験経由で司法試験に合格。親切で丁寧な先生。甲乙は付け難い。
田中講師予備試験経由で司法試験に合格。
LECの講座は沢山あって、どれを選んだら良いのか、どの講義が良いのか、解りづらいところがあります。

評判:LEC教材の質・解りやすさ〈テキスト評価〉

LECの教材

詳細な教材 

LECは講座、教材共に、予備校全体の中で一番充実していると言えるかもしれません。合格者による編集もされており、一定レベルを保てる安心感があります。

市販の教材も充実していますが、オンライン学習用の教材は、イマイチです。

効率的な学習をしたい方はオンライン予備校も検討してみるとよいでしょう。

評判:LECの料金〈費用対効果〉

LECの講座料金

コストパフォーマンスには若干疑問も。オンライン講座の評判が高いことも頭に入れること

予備校名料金特徴
スタディング8万2500円〜オンライン教材として初学者が利用することが多い。社会人受験生などに人気がある。受験仲間と励まし合いながら勉強もできるが、質問フォローに弱い。基礎学習を終えたらアガルートや資格スクエアを利用する人が多い。
アガルート29万円〜総合型のオンライン予備校であり、資格スクエアと同様に合格者の評価が高い。どちらかというと基礎学習を終えた方が本格的に論文と短答対策をするときに利用することが多い。詳細はこちら≫
資格スクエア49万円〜近年、合格者に評判が高いオンライン予備校。合格から逆算して効率的に学習できる。短期合格者や社会人合格者の評価高し。詳細はこちら≫
伊藤塾129万円〜大手予備校の安心感はある。しかし重厚な教材を用いるが消化不良となる受験生が多い。料金が高いし講師の質はそれほど高くはない。詳細はこちら≫
LEC60万円〜大手予備校。LECは自習室が良いことで評判。講師との相性が悪いと難ありで若干リスクあり。。詳細はこちら≫

LECの講座料金は、伊藤塾ほど高くはないけど、オンライン予備校よりは高いというイメージです。

受講したい講座のみを選んで受講しやすい点ので、工夫することで講座費用を抑えることもできるでしょう。

LECの校舎は全国各地にあります。利用のしやすさや自習室の使い勝手を考えると、講座料金の費用対効果は高いとまでは言えないでしょう。

評判:LECで短期合格できるか?

LECを利用する受験生の中にも、確かに短期合格者は相当数存在します。

LECは伊藤塾と同じように、従来型の講義中心の学習スタイルなのですが、授業をペースメーカーとして利用して、うまく自習室で集中学習できる人はLECで成功しているようです。

しかし、特に地方の受験生に向けてですが、近くにLECしか予備校がないからLECにするという安易な発想は辞めましょう。

司法試験・予備試験は難関試験です。皆努力して勉強していますが不合格になる人が多数おります。

合否を分ける重要な分かれ道の一つとして「予備校の選択」があるのです。

「自学自習でマイペースに勉強したい人」
「効率的に短期合格したい人」

にとってはLECでの学習は合わないかもしれません。

各予備校の特徴を確認しながら、上手に予備校を利用することが大事です。

LEC⇒司法試験合格者の口コミ

口コミ① LECの学習フォロー体制

LECの授業は、集団授業による学習形態が基本なので、質問対応などの個別フォローはて薄い印象があります。しかし、LECならではの受講生サポート体制も組まれているので利用しましょう。どの予備校も長所短所があるので、うまく使い分けることが大事です。

口コミ② LECの学習効率性は?

LECのオンライン学習態勢は、オンライン予備校に比べると劣っていることは否めません。

決まった日に確実に勉強するなど学習ペースメーカーとしてLECを利用するとよいでしょう。

短期合格者に人気がある、オンライン型の予備校に比べると学習効率性がよいとは言えません。

リアルな口コミ⇒LEC受講のデメリット

LEC:デメリットの口コミ① 合格実績が悪い?

近年はLECは司法試験系の講座に力を入れていないという評判があります。

確かに、LECの司法試験系の書籍は使い勝手が良いと思うのですが(LECは本屋さんと言われる所以でしょうか…)、講座によっては当たり外れがあるので、講座の質は以前に比べると落ちているのかな?と思うところもあります。

近年、LECは司法試験型の受講生が減少しているようですので一概には言えませんが、司法試験の合格者も減っているようなのです。

窓口に問い合わせてみたところ、LEC入門講座を利用した人のうち、2019年の予備試験合格者は20名程、司法試験合格者は15名程という説明を受けました。

合格率で言うとどれほどなのかは不明ですが、資格スクエアやアガルートの方が合格者が断然多いようです。

LEC:デメリットの口コミ② 費用対効果が悪い

LECの受講料は決して安くはありません。

上記でも予備校の料金比較の表を掲載していますが、伊藤塾に次ぐ料金の高さです。

その割にはLECとしての受験対策方針というものが見えてこないのです。おそらく個々の講師が独自に教材を開発し、独自の感覚で講義を展開しているのだと思います。

講師や講座毎に体系だった講義が実施されていないので、受験生にとってはストレスが多そうです。

それに、模試や論文答案練習会の問題が、毎年使い回しにされているようなところもあります。直近の合格者の情報などが学習カリキュラムに反映されておらず、合格ノウハウというものも蓄積されていないように感じてしますのです。

結局、LECは司法試験の受験に有用か?

LECの評判

LECでの学習は向き不向きがある 

結局、LECを利用することは、司法試験合格に有用だと言えます。

しかし、LECを利用してみて、少しでも肌感覚が合わないように感じたら、思い切って他の予備校を利用してみるとよいでしょう。最近実績をメキメキあげている資格スクエアアガルートスタディングなどのオンライン予備校に切り替えて成功している方も相当数いらっしゃいます。

逆に、自分にはLECの方があっているという方もいます。

試行錯誤しながらセレクトするしかありません。

一般的な合格者の評判からすると、資格スクエアやアガルートを利用した方が、試験に合格するという観点からは良いとは思いますが、

LECにも評判が良い穴場講師もいますし、書籍が何よりも充実しています。自習室も魅力的です。

LECで予備試験・司法試験・法科大学院入試の対策をすることは、まるで間違っているというわけではないと思います。

伝統ある予備校はLEC

\講座・書籍が豊富!/

LECの公式HPを確認する≫

LECには講座が多数あります。優良書籍も揃っており、使い勝手が良い予備校です。
受験にあたり、公式HPを確認しておきましょう。