予備試験を検討

必読!【予備試験・司法試験】向いている人の特徴を確認する(向き不向きがある)

渡辺
渡辺
予備試験に2年で合格し、司法試験は2回で合格しました。

努力をすれば合格できると思われがちな予備試験・司法試験ですが、頑張ったからといって、必ずしも受かるわけではありません。

司法試験は、この試験特有の独特な特徴がある為、人によって向き不向きが明確に現れます。

合格者には共通する特徴があります。特に短期合格者(司法試験に向いている人)には一貫した共通項があるのです。

法曹を目指す場合、貴方自身が、司法試験に向いている人になることを心がけることが必須と言えます。

予備試験・司法試験に向いている人の特徴⇒性格面

一言で言うと、性格が素直で、こだわりが少ない人は合格しやすいでしょう。
完璧主義の人は合格するまで長期間かかる傾向があります。

向き不向き❶ 性格が素直

合格者がアドバイスしてくれたことを素直に、真似ることができるか。合格者の良いところを直ぐに試す率直さがあるかどうか。

司法試験・予備試験に合格できるかどうかは、性格が素直かどうか?という点が第一関門にになります。

頭では解っていても行動が伴わない場合には、それは素直であるとは言えません。実行力を伴った頭の柔らかさを兼ね備えていることが重要です。

司法試験に通過する為には一定の思考方法・勉強スタイルを身につけなければなりません。生まれつき備わっている人も稀にいますが、多くの人はそのような思考方法・勉強スタイルは身についていないのです。

誰かが教えてくれるわけではないのです。合格したい場合、自分から積極的に合格者の真似を素直にすることが肝となります。

向き不向き❷ こだわりが少ない

性格の素直さと共通する点がありますが、こだわりが少ないことも重要です。

確かに、絶対に法曹になりたい!というように司法試験に受かることへのこだわりは必要なのですが、今までの自分の生活スタイルや勉強スタイルについてこだわりを持ちすぎな人は合格し難いことを念頭に入れてください。

司法試験は頑張ったから受かるのではありません。合格するから合格する。すべくして合格するのです。

短期合格者を見ていると特に顕著なのですが、早く受かる人は合格に最小限必要となる行動と勉強しか実施していません。

自分の考えに固執すぎることなく、人の良い面を素直に受け止めて、自分のこだわりを捨てることができるか?

簡単なようで難しい人も多いと思います。いかにして短期合格者の行動を真似することができるかが合否の分かれ道になります。

向き不向き❸ 完璧主義の人は受からない

完璧主義だと合格は難しいでしょう。

予備試験と司法試験は範囲も広いし、真面目に突き詰めようとすると迷宮に入ってしまう側面があります。しかし合格レベルを超えるという意味では、全ての範囲を網羅して覚えることも、深い理解をしておくことも要求されていません。

それに多くの合格者は、不完全な状態のまま試験を受けて、不安を抱えながら「アレ?受かっていた!」というような感覚で合格していきます。

司法試験の試験当日、万全の準備ができている人はいません。合格に必要最低限レベルのことを押さえておけば十分ですし、試験で要求されている事項を的確に把握して、試験現場で的確に表現できるようなスタイルを身につけておくことが重要なのです。

試験準備が完璧な状態で、試験日を向かえて合格していく人はいません。

知識的には完璧な状態ではないもの、司法試験(予備試験)の合格水準はどこにあるか?

合格レベルをよく理解して、合格に必要なことを意識して勉強した人が受かります。

受験勉強を続けていると、勉強すればする程わからないことが増えてきます。

しかし、細かなことに拘りすぎることなく、合格に必要となることを意識して勉強できるかが大事なのです。

合格者がどのような思考をしているのか、どのような勉強スタイルで受験しているのか。短期合格者から学ぶことが重要です。

予備試験・司法試験に向いている人の特徴⇒学習スタイル面

短期合格者の学習スタイルを習得できるように、受験スタイルを構築していきましょう。

❶ 短期合格者の勉強・思考方法を学ぶ

予備校やWEB教材のHPをみると、具体的な勉強方法や、学習方法が掲載されています。

受験生は、予備校や教材を利用して学習することが必須になると思いますが、短期合格者のノウハウを勉強方法に落とし込んでくれているスクールを選ぶことです。

❷ アウトプット重視

良くある不合格者の受験スタイルとしては、アウトプットを意識した学習が出来ていない、ということが挙げられます。知識を詰め込む勉強をしても合格は近づいてきません。

アウトプット学習を独学ですることは大変なので、多くの受験生は得意とするところではありませんが、とりわけ短期合格者はアウトプットを意識して学習しています。

予備校や教材を選ぶときには、アウトプット学習を自然と実践することができるか?という視点でセレクトすることが重要です。短期合格者の意見を良く聞きましょう。

予備校選びと教材選びこそが、合否の分かれ道だと肝に命じておきましょう。

❸ 隙間時間にも学ぶ

短期合格者や社会人受験生(合格者)は、時間の使い方が上手いという特徴があります。ちょっとした隙間時間にも着実に学習出来る環境を整えることが大事です。

電車の中でも、外出先でも、ちょっとした隙間時間をも有効に使って勉強することが、合格する為の重要ポイントになります。

予備試験を受験しよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください