社会人受験生

【まず読む!】40歳からでも予備試験・司法試験に挑戦して合格できるのか?

社会人合格者
社会人合格者
40歳から憧れていた弁護士になるべく、司法試験にチャレンジして合格できました

答えはイエスです。

40歳からでも予備試験・司法試験に挑戦して合格できます。

ご認識の通り、確かに難しい試験ですが、今まで培った社会経験は、司法試験の受験に確実にプラスになります。

学生時代や、20代30代の頃であれば解らなかったことも、「フムフム」とすんなり頭に入りやすいことでしょう。

40代から受験勉強を始めるときに注意すべきことをお話ししておきます。

勉強時間の捻出が司法試験合格の鍵

社会人受験生となる場合、一番大事なことは、受験勉強に割くことができる時間を捻出することです。

朝の時間 ・通勤時間
昼休み
帰りの電車
夜の時間
土日祝の日中

自分の場合、1週間でどれだけの勉強時間を確保できるか、一度確認しておきましょう。

社会人であれば時間管理が学生よりも上手だと思います。細切れの時間を利用してコツコツと積み上げ式で勉強していくことが重要です。

何気に集中できて勉強が捗るのが「電車の中」です。毎日コンスタントに勉強することができます。電車での学習に適した勉強ツールを使いこなせるかが肝となります。

満員電車だとしてもなるべく勉強に集中しやすい姿勢を確保できる車両を探したり、可能であれば座って通勤できる方法を探しておくことです。

社会人合格者のほとんどの方が、電車での勉強を工夫したと言っています。合格者の話を参考にしながら学習環境を整えましょう。

精神的ストレスを溜めすぎないこと

司法試験や予備試験の受験を始めると、勉強を始める前には想像もしていなかったような精神的な辛さを味わう場面が増えてきます。

独身の方の場合、仕事と勉強を頑張ることで緊迫感が続きがちです。ストレスが和らぐリラックスできる工夫をしましょう。家族がいる方の場合、家族との触れ合いで落ち着くことができると思いますが、家族サービスなどで時間が取られてしまいイライラとしがちです。

社会人の場合、司法試験の勉強は短期決戦で挑む心構えが必要です。実際の試験合格率を見ても、1回目2回目の受験者の方が、受験歴が長い人に比べて合格率が高いのです。

精神的ストレスが続く状況を早く脱するためにも、短期合格を目指してください。

短期合格者はどのようにして合格できたのか。どのような教材や勉強方法で合格したのかということはしっかりと研究しておくべきです。

実力がみにつくまでは仕事を辞めないこと

社会人受験生の場合、仕事をしながら勉強をしていると、もっと勉強に集中したい!と感じることでしょう。仕事を辞めて専業受験生になることを検討する場面もあるはずです。

しかし、特に会社員である人は、会社を辞めることは慎重になってください。40代で専業受験生になった場合、精神的なプレッシャーで押し潰されてしまう人が多くいます。

会社を辞めたばかりの頃は、なんだか晴れ晴れした感じでスッキリとした気持ちかもしれません。しかし、専業受験生の状態が長引くにつれて、プレッシャーやストレスのため、勉強が手につかなくなってしまうことが多々あります。

金銭的な不安からアルバイトする人もいますが割りに合いませんし、再就職する人もいますが、時間と労力がかかってしまい何のために会社を辞めて専業受験生になったんかよく解らない状況に追い込まれがちです。

社会人として働きながら受験勉強を続けて合格する人も沢山います。むしろ社会人受験生である方がメリットだと主張する人もいます。

大事なことは、いま置かれている状況のなかで、早く合格することです。短期合格者の勉強スタイルや思考方法が参考になるので、良いところを取り入れて自分の勉強スタイルを確立していくことが大事なことです。

暗記しないでも合格できることを知る

40代で勉強を始めると体力面が課題になります。20代30代の人には勉強時間や集中力で負けてしまうことも少なくないでしょう。

それに、暗記することに苦手意識を持ってしまう方も多くなるはずです。

しかし、安心して欲しいのが、司法試験・予備試験において合格するために要求される知識は非常に少ないということです。むしろ沢山の知識を覚えたところで試験に合格することができません(知識を詰め込むと合格が遠のきます)。

暗記主体の勉強をして不合格となる受験生が多いことは周知の事実なのですが、頭で解っていてもアウトプット主体の勉強をすることが出来ない人が多い現状もあります。

40代から勉強を始める人は、暗記では合格できないことをよく理解した上で、どのように勉強すれば合格できるか?ということをよく調べてから勉強を始めるべきです。

お金を節約しすぎない(でも余計な出費に気をつける)

社会人になってから勉強を始める場合、とりわけ40歳から勉強を始める場合には、資金的にある程度ゆとりがある人が多いはずです。

受験費用は必ずしも安いわけでもなく、多くの方はそれほど貯金もあるわけでもないと思いますが、そうは言っても受験費用はそれほど高いわけではありません。社会人ならば工夫すれば捻出できる程度の金額でしょう。

社会人の場合には時間がないのですから、良質な教材には惜しみなくお金をかけて勉強することが大事です。時間やノウハウをお金で買うつもりで、良いと言われるものは色々と試してみるべきです。

とは言っても、無用に高額な予備校や教材を利用する必要もなく、逆に最近の合格者(特に短期合格者)はオンライン教材を使って合格している実情もあります。

オンライン予備校を利用する場合は、結構安い金額で受講できるので、安心して講義を受けることができます。以前の主流だった通学制予備校と比べると、格安で受験勉強をすることができます。

社会人(40代)でも予備試験・司法試験に合格できるのか?

社会人(40代)でも予備試験・司法試験に合格できます。むしろ若年者よりも合格しやすい環境にあり、専業受験生に比べて落ち着いて勉強できたという社会人合格者もいらっしゃいます。

しかし、司法試験自体、決して簡単な試験ではないので、よ〜く勉強の仕方を研究してから挑戦するようにしてください。

合格するには短期合格する意識を持つことが秘訣です。忙しいけれど、1回2回の受験で受かるべく全精力を傾けましょう。

勉強時間を確保して、必要となるお金は惜しみなく支出することです。

短期合格者や、社会人受験生の話をよく聞いて、教材選びにも気を配りましょう。

社会人(40代)でも予備試験・司法試験に合格できます。
その気になったらなるべく早く動き出すことをオススメします。

予備試験を受験しよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください