予備試験・受験

本気で目指す?!予備試験に1年短期合格するときに読む⇒試験半年前からの受験対策

31才で司法試験に合格
31才で司法試験に合格
弁護士を目指して、28歳で社会人受験生として予備試験を受験し、31歳で司法試験に合格することができました。

1年間での超短期合格を目指す方もいますが、予備試験合格には、通常は短くても2年間が必要だと思います。

とりわけ社会人受験生の場合は、無理は禁物ではないかと思います。一年目は短答試験に合格し、二年目に論文試験と口述試験の合格を目指して欲しいのですが、

大学生、法科大学院生、専業受験生の場合は、自信があるのであれば1年合格も決して無理な話ではないと感じています。

予備試験合格の標準スケジュールは2年間

まずは合格までの標準的な学習スケジュールを確認しておきます。

予備試験は頑張れば必ず合格できる試験ですが、合格率は例年3〜4%で推移しています。法律の学習経験がある程度ある方でない限り、まずは短答試験に合格することを目指した方が無難だと思われます。

とはいえ、予備試験も司法試験も、あまり受験期間が長期化してしまうと合格率が下がる傾向にあります。じっくりと本腰を入れて勉強しようとすると、逆に合格しずらくなります。

ゼロから勉強を始める方であっても、翌年には短答試験に合格するつもりで集中して勉強することが重要です。

予備試験⇒1年間の短期合格を目指す

基礎学力がある方の場合には、一年で合格することを目指しても良いと思います。全くの知識ゼロの状態から一年短期合格を達成した方がいるのも事実です。

1年間で短期合格するためには、勉強のメリハリをつける必要があります。合格に本当に必要なことのみに集中して必要最小限の労力で合格するようにしましょう。

予備試験は、短答試験・論文試験・口述試験があるところ、論文試験が一番難しいので論文試験の合格に向けて重点的に学習していくと良いでしょう。

論文試験対策をすることは、短答試験対策にも繋がります。短答試験は論文試験で学んだ知識を再確認するイメージで勉強すると良いでしょう。

1年間で合格すると決めたからには、1年間で全ての力を出し切りましょう。長引いてしまうとモチベーションが下がってしまいがちです。

半年前から勉強すべきこと

半年前からの短答試験対策

短答試験に合格しなくては論文試験を受験することもできないので、手を抜いてはいけません。

しかし、手を広げてはいけません。短答試験は、いつでも聞くことができるオンライン講座と過去問対策のみに集中しましょう。完璧主義は禁物です。

短答試験対策の勉強は、地道に毎日継続してください。時間を区切って問題演習を繰り返しましょう。間違った問題を何度も解くことが大事です。何度か解いているうちに正解できる問題が出てくると思います。

試験当日に向けて、正解できた問題は除いて、間違ってしまう問題と苦手分野の問題を繰り返し解いていくようにしましょう。

やってはいけないことは、基本書を読み込んだり、条文を素読する知識詰め込み型の勉強です。

短答と論文の過去問知識だけで合格することができるのです。合格ラインを見据えて論文試験の勉強に力を注げる範囲で問題演習に励みましょう。

半年前からの論文試験対策

論文試験に合格するためにはアウトプットを意識した勉強をすることです。オンライン講座で隙間時間を利用して勉強を続けて、短答と論文の過去問知識だけで答案作成する勉強をしましょう。

論文試験は読みやすい文章で表現できなければ合格することは出来ません。何度もアウトプットすることで合格答案に近づいていきます。アウトプットの機会を多くもてる学習環境を構築することです。

アウトプットすることは知識の習得にもなります。論文試験の範囲の短答知識は完全にマスターするようにしてください。

短答試験の1ヶ月前は短答試験に集中(4月〜5月)

4月に入り、短答試験1ヶ月前の直前期になったら、1ヶ月間だけは短答試験の勉強に集中しましょう。

直前期になっても、過去問演習から離れてしまってはいけません。過去問演習とオンライン講座で勉強を繰り返してください。

必ずしも予備校の直前模試などに手を出す必要はありません。

短答試験後は論文試験に集中(5月〜7月)

短答試験が終わったら、次の日から短答試験に合格したものとして論文試験の勉強に集中しましょう。

闇雲に色々なことに手を広げてはいけません。過去問知識をベースにしたアウトプットの答案作成をする勉強だけに集中しましょう。

自分が持っている少ない知識と問題からわかる事実を使って、いかにして合格答案を作成できるか?ということだけに意識を集中させてください。

1年間の短期合格を達成するためには、同じく短期合格した人の勉強方法を真似することが重要です。

独学で勉強してしまうと、どうしても独自の勉強スタイルを構築してしまいがちです。短期合格者の勉強法からかけ離れることがないように、学習環境を整えてください。

 

予備試験を受験しよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください