面接試験に合格する方法

【合格率UP】面接通過率が上がる面接実践ルール【転職・就職の極意】

面接通過率が上がる、面接の実践ルール

転職活動・就職活動をするに際して、面接に挑む際の合格ルールをまとめてみました。

  1. 履歴書と職務経歴書の内容を練りこんでおく
  2. 自己紹介の時間をフル活用する
  3. 自己紹介では履歴書と職務経歴書の内容を丁寧に説明する
  4. 資料を手元に置いて話す。面接官の分も印刷しておく
  5. 会社の資料なども手元に置いておく(研究している姿勢)
  6. 自己アピール資料があれば印刷しておく(理解してもらう姿勢)
  7. 暗記しないで話す(手元資料を読みながら話す)
  8. 会話を楽しむ、キャッチボールをする。
  9. 履歴書の書き方や、面接実践の相談に乗ってくれるエージェントや、アドバイザーを探し出す
  10. エージェントやアドバイザーと実践練習を積む

面接に合格するには第三者の協力を仰ぐべし

面接に失敗する理由には、面接の合格法則を理解していないことが、まず挙げられます。

しかし不合格となる最大の理由は、自分自身のことを客観視できていないことが挙げられるのです。

面接の合格法則を実践できているか?と言う点については、専門家である第三者のアドバイスをもらう機会をたくさん作ると良いと思います。

湯川七八貴
湯川七八貴
転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。良いエージェントに出会えるまで探し続けましょう。

私も実践会においてアドバイスをしているので、よろしければ利用してみてください。 

右肩上がり実践会▶︎

失敗しない「既卒者の就職活動」のやり方
就活に成功する秘訣は、多くのエージェントに会うことです。貴方を味方してくれるエージェントを一人でも多く探しましょう。

登録すべきエージェント会社のお話し⇒

履歴書 採用担当者が教える「履歴書」の書き方の技術⇒
職務経歴書 採用担当者が教える「職務経歴書」の書き方の技術⇒
面接 採用担当者が教える「面接」の受け方の技術⇒