就職エージェント

【厳選】既卒者の就職活動のやり方⇒登録すべき人材紹介会社・転職サイト

湯川七八貴
湯川七八貴
既卒者が本気で就職活動するときに読んでもらいたいと思います。 

既卒者の就職活動のやり方

既卒の方は、新卒の方と同じ就活ルートで就職することは基本的に出来ません。既卒ならではの就活の仕方があります。

具体的には、転職の人材紹介会社に登録して、会社を紹介してもらう方法が現実的であり、唯一の方法と考えて下さい。

貴方にマッチングする会社は確かにあるのですが、自分自身で探すことは時間的にも労力的にも困難を極めます。

貴方の代わりに会社を探し出してくれて、会社と交渉してくれるエージェントを複数利用しましょう。

貴方にとって良いエージェントがいれば、使えない悪いエージェントもいます。

貴方に合ったエージェントを探し出すためにも、複数の人材紹介会社に登録することが必須です。

既卒者が登録すべき人材紹介会社(転職エージェント)

既卒者が就活する際に、登録すべき転職エージェント会社を記載します。

エージェント会社は、業界大手から小さい会社まで色々です。会社やエージェントによって手持ちの求人情報や得意分野が異なります。

エージェントによって貴方との相性が異なってきます。

マッチしたエージェントを探すことは結構大変です。巡り合いや運もあります。

だから出来るだけ多くの会社に登録しておきましょう。

私の場合、30以上の会社に登録していました(実際に登録しなかったけど面談した会社も多かったです。60社以上のエージェント面談したと思います)。

中には相手にしてくれないエージェントもあり、「君は職歴がないから無理だよ」とか、逆に「君は人生を舐めてる」とか叱られたりして嫌な思いもをすることもありました。

でも、良いエージェントを探し求めていくうちに、幾つかの良い巡り合いがありました。

下記の会社は、

「私が登録してみて良かったと思える会社」
「同じ境遇にあった友人の評判が良かった会社」

を記載しています。

それに、現在私は、企業側の採用担当としてエージェントを利用する立場にあるのですが、

「この会社は職歴なし既卒でも熱心に対応してくれそう」

と感じた会社も記載しています。

実際に幾つか登録して面談などしてみましょう。

不運にも熱心さに欠けるエージェント担当に当たってしまった場合には、別の会社を変えてみましょう。

貴方のために動いてくれるエージェントに出会うまで、登録・面談を繰り返しましょう。

良いエージェントに巡り合うことで、あなたの人生は確実に一歩前進します。

「職歴がない方」向けの就職エージェント

会社名 特徴・口コミ
就職Shop
株式会社リクルートキャリアが運営しているので安心!と言う声が多いです。
株式会社DYM
既卒者、職歴なし。初めての就活でもエージェントがサポートしてくれたと言う評判です。
MS-Japan
企業の管理部門への転職に強い業界大手の会社です。既卒の方や資格試験を目指して勉強していた方に対しても、手厚いサポートをしてくれるエージェントが多いようです。

「職歴がある方」向けの就職エージェント

会社名 特徴・口コミ
JAC Recruitment
業界大手の会社であり、優良企業の人事部とコネクションが強いことで有名ですが、ある程度の職歴(3年程)がある方に強い会社との印象があります。良いエージェントに巡り会えた場合には強力にサポートしてくれます。自分にはないと思っていても他人が見たら職歴があることもあります。

就活成功の秘訣は、多くのエージェントと出会うこと

湯川七八貴
湯川七八貴
エージェントの存在なしには、今の私は存在していません。

これから就活に挑戦する皆さんにも、是非、人材紹介会社に登録して、エージェントとの出会いを大事にして欲しいと思います。

就職することにまだ迷いがあるならば、登録するのは1社でも構いません。

でも、就活の際には、自分の将来のことを真剣に考えますから、その経験を通して貴方の中で何かが変わるはずです。

本気で就職する人は、最低5社から10社は登録しておくべきです。沢山のエージェントに会って、沢山の企業採用担当者との面談機会を得る努力をしてください。

自分が動くことで、道は必ず拓けていきます。

皆さんのことを応援しています。

失敗しない「既卒者の就職活動」のやり方
就活に成功する秘訣は、多くのエージェントに会うことです。貴方を味方してくれるエージェントを一人でも多く探しましょう。

登録すべきエージェント会社のお話し⇒

履歴書 採用担当者が教える「履歴書」の書き方の技術⇒
職務経歴書 採用担当者が教える「職務経歴書」の書き方の技術⇒
面接 採用担当者が教える「面接」の受け方の技術⇒