貸金業務取扱主任者

1ヶ月前からの勉強で合格できる「貸金業務取扱主任者」資格試験勉強法!

湯川七八貴ゆかわなおき
湯川七八貴ゆかわなおき
僕も業務命令で、貸金業務取扱主任者の資格試験を受験し合格しました。勉強期間は2週間で、なんとか合格することができました。

「貸金業務取扱主任者」の資格取得の勉強をしている皆さんは、

働きながら、仕事が忙しい中、試験勉強していると思います。
おそらく、勉強時間と勉強場所を確保することに苦労されているのではないでしょうか。

僕の場合、主な勉強場所は「電車の中」と「会社のお昼休み」でした。

働きながらでも、短期間で効率的に勉強できる方法をお伝えしたいと思います。

貸金業務取扱主任者の資格試験の合格するには?得点イメージ

貸金業務取扱主任者の試験科目は、次の4科目です。

1.貸金業法および関係法令
2.貸付けに関する法令と実務
3.資金需要者等の保護
4.財務および会計

そして4科目のうち、出題される問題数の目安は、次の通りです。

1.貸金業法および関係法令(22〜28問)
2.貸付けに関する法令と実務(14〜18問)
3.資金需要者等の保護(4〜6問)
4.財務および会計(2〜4問)

全体で合計50問が出題されて、合格基準点は30点前後

合格するには「1.の貸金業法」 で点数を稼ぐことが最も大事なこと。最低でも20点は正解すること。出来れば満点を狙うつもりで勉強してください。

2.貸付に関する法令」は主に民法が出題されるので、民法を勉強したことがある人はそれほど勉強しなくてもクリアできるレベルです。民法の出題内容は主に条文知識であると考えてよいでしょう。ここで8点は確実に取れるようにしましょう。

3.資金需要者等の保護」については、個人情報保護法・消費者保護法・不当景品類及び不当表示防止法が出題されます。それに、貸金業法関連では監督指針関連の問題が出題されます。全問正解は不要ですが、3点は得点できるレベルまで勉強しておくとよいでしょう。

4.財務および会計」については、全く勉強しなくても構いません。試験本番に適当にマークするということでもよいです。なぜなら、多くの方は仕事をしながら時間も体力もない中で試験勉強していることでしょうから、試験範囲全てを勉強することは酷な話です。

勉強に余力がある方を除いては、「1と2」の勉強に力を注ぐような意識で勉強を進めてください。

貸金業務取扱主任者の資格試験に合格するには、「1.の貸金業法」と「2.貸付に関する法令」で点数を稼ぎきることが重要になります。

貸金業務取扱主任者「合格勉強法」のイメージは?

貸金業務取扱主任者の資格試験において、受験勉強に当たっては、過去問中心で勉強を進めることが大切となります。注意して欲しいことは過去問を暗記するのではないということ。

過去問の出題範囲を研究して、過去問で聞かれやすい知識や質問のされ方を分析するのです。

とは言っても、働きながら勉強している方は、やはり独学で過去問研究をしている時間はないことでしょう。だから貸金業務取扱主任者の資格試験に特化している通信講座やオンライン講座の「教材・テキスト」を利用するべきです。

貸金業務取扱主任者のわかりやすい教材を探して、そのテキストを読み込みましょう。

一般的な書籍を購入して、独学で学習してもなかなか解りにくいと思います。
必ず通信講座なり、予備校講座を利用すべきだと思うのですが、

でも、

貸金業務取扱主任者の通信教材(予備校講座)は、ほぼ開講されていません(昔はLECでも講座が開講されていたようなのですが。。

現在開講されているのは、「エルー・エー」というオンライン通信講座ぐらいです。エルー・エーを利用して貸金業務取扱主任者試験に合格する方は多く評判もよいです。

大まかな知識をインプットするには、何回も教材を読み込むとよいでしょう。

最初の4〜5回は軽く流し読みするだけで良いと思います。はじめから理解しようと気負うことなく、気楽に浅く読み進めると良いでしょう。

何度も読んで全体像が把握できたら、今度はゆっくりと熟読するようにしましょう。頭にじっくりと文字を擦り込むようにして、ゆ〜っくりと味わいながら読むことです。

ここまででインプットの勉強は完了です。インプットの勉強をした後、またはインプットの勉強と並行して、アウトプットの勉強をしてください。

アウトプットの問題演習をする際は、リズム感を持って問題を解くことが大事になります。問題集を通して、自分が理解できていな箇所を発見して、復習することです。

インプットとアウトプットが終わったら、最後の仕上げとして、過去問自体を解いてみましょう。

過去問を解いてみると解ることですが、本番試験では、必ず知らない知識が聞かれてきます。でも、正しい勉強をしていれば、知らない知識が出ても必ず解けるように問題はできています。

過去問を通して、本試験において、知らない知識が問われたときの解き方の練習をしておくのです。

貸金業務取扱主任者試験⇒オススメの勉強教材は?

試験勉強をするにあたり、学習教材としては、プロ講師のわかりやすい講義を受けることがオススメです。

それに、働きながら勉強することになると思うので、オンラインで隙間時間を利用できるような教材を選ぶと良いでしょう。

講座料金も、それ程高くない料金設定の教材が良いでしょう。

私も貸金業務取扱主任者の試験勉強するにあたり、教材選びには苦労しました。

いろいろ探したのですが、予備校でも通信講座でも、受講できる講座がなかなか見つからなかったのです。本屋さんで書籍が少し見つかるだけでした。

一体どうやって勉強したら良いのだろう•••

教材探しで悩んでいたときに、会社の先輩が教えてくれたのが「エル・エー」のオンライン通信講座でした。

4万円弱で受講できたので、即決で申し込みました。

僕は勉強は独学でするものだとは思うのですが、貸金業務取扱主任者試験のことはよく知らなかったし、

会社には毎年不合格の人もいて、なかなか難しい試験だと気づいたので、試験レベルを知って勉強のペースメーカーとする上でも、何かしらの信頼できる講座を受講したいと考えていたのです。

それに、働きながら忙しい中で受験するにあたり、独学での勉強にはモチベーションを維持する上で不安がありました。

その点「エル・エー」であれば、貸金業務取扱主任者試験に合格すると、最大で受講料が半額返金される合格祝賀金制度があったことで、勉強のやる気も上がりそうだ!と感じたのです。

エル・エーを利用して勉強すれば、確実に理解を固めることができるし、安心して試験当日を迎えることが可能です。

もちろん、勉強は自分自身でするものですが、スマホでも勉強できるので、隙間時間を有効活用することも可能です。

\合格すると祝賀返金される!/

貸金業務取扱主任者の通信講座(L•A)はこちらから⇒

この資格試験を勉強するときに、一番困るのは学習教材が見当たらないことです。

独学で勉強する方も多いですが、効率が悪いので、多くの方は受験が長期化する傾向に。

特に会社命令で受験する方は、確実に合格するために万全な準備をしておくべきです。

エル・エーを利用すれば、スマホやPCから、いつでも勉強することも出来るので、電車の中でも会社PCからでも、勉強することができます。

全力で貸金業務取扱主任者試験に挑戦する!