LEC

LECの「法科大学院入試・対策講座」ってどうなの?⇒評判・口コミ、料金を確認する!

LECの「法科大学院入試・対策講座」について、口コミ情報を集めてみました

予備校にはそれぞれ得意分野と不得意分野があります。うまく予備校を使い分けながら合格を目指しましょう。

LEC「法科大学院入試・対策講座」の総合評価・評判

LECの総合評価

 法科大学院入試対策の総合評価が高い

大手予備校のLECには、良質な対策講座と書籍が揃っています。
法科大学院入試の合格者に愛用されている予備校です。

受講生98名(合格者含む)アンケート結果に基づく

合格確信度
料金・費用対効果
知識力UP
論文答案力UP
フォロー体制
LECは大手の通学制予備校であり、司法試験の受験界の中でもそれなりに存在感があります。

法科大学院入試に特化した講座を開設する予備校は少ない中で、LECではある程度、講座が開講されています。特に未修者コースの講座は充実しています。

 

LECの講座詳細を確認する≫

LEC「既修者用の入試対策講座」の概要・講座料金

LECの基礎講座

スピードチェック講座 講師・講義時間 矢島純一講師
料金 5万6100円(科目別受講可能)
内容 論文試験合格に必要となる知識を、7科目・40時間で確認する講座です。試験前の本番前のチェック用として利用されています。

LECのロー・スクール入試対策講座

個別大学院対策講座 講師・講義時間 LECの専任講師陣
料金 各校・3万3000円〜
内容 直近3年分の過去問と合格再現答案を用いて、各法科大学院の出題傾向などの分析をするもの。現在、北海道大学、慶應大学・早稲田大学、東京大学・京都大学などの法科大学院対策講座が実施されている。

LECのロー・スクール・論文答練

ロー・スクール直前答練 講師・講義時間 全19回(1回2問)
料金 6万500円(科目別受講可能)
内容 憲法 3回、民法 4回、刑法 3回、商法 3回、民事訴訟法 2回、刑事訴訟法 2回、行政法 2回。上位の法科大学院(既修者)試験で、出題可能性が高い論点について出題するもの。

LEC「未修者用の入試対策講座」の概要・講座料金

LECの小論文対策講座

小論文ベーシック講座 講師・講義時間 全6回(18時間)
料金 2万4750円
内容 わかりやすく理論的で、説得力のある“評価される為の”小論文の書き方が学べます。
小論文ベーシック答練 講師・講義時間 全12回
料金 7万1500円(添削あり)
内容 大量の資料について、要約や内容説明という形での「読解力」や「理解力」を向上、自己の見解を理論的に記述する「表現力」を鍛える答練です。

LECの面接・志望理由書対策講座

面接・パーソナルステートメント対策講座 講師・講義時間 全3回(9時間)
面接編 2回
ステートメント編 1回
料金 1万3200円
内容 評価されるパーソナルステートメントの書き方について、合議されるものです。面接とも関連するので、矛盾なく受け答えできるように面接編も実施されます。
パーソナルステートメント答練添削講座 講師・講義時間 全3回
料金 1万7050円
内容 実際に各法科大学院に出願される際に提出するPS(志望理由書)を3回添削してもらえるものです。

LECの講座詳細を確認する≫

LEC「法科大学院入試・対策講座」の評判

⑴既修者コース  中・上級者向け
⑵未修者コース  未修者コースがある予備校は貴重
⑶受講生サポート  LECとしてのサポートは弱い
⑷LECのテキスト・資料  コンパクトでシンプル
⑸受講すべき人 ロースール入試に絶対合格したい人

口コミ⑴ LECの既修者対策コース

LECは法科大学院入試・対策講座(既修者)は、初学者向けではありません。一通り法律を学んでいる人に対して、いわば直前対策としての講座が実施されるものです。

全くの初学者の方は、初学者用のコースと併用して受講すると良いでしょう。

ちなみに、LECでも初学者用の講座が開講されており、こちらを受講することでも悪くはないのですが、予備校の世界では受講生が少ないように思います。

他の予備校とも比較検討した上で、納得できる講座を受講すると良いでしょう。

口コミ⑵ LECの未修者対策コース

LECの未修者対策コースは、なかなか良いと思います。

予備校において、未修者の入試対策用の講座が設置されることは稀ですので、稀少性が高いです。

講座内容も添削フォロー制度も整備されている印象を受けます。

口コミ⑶ LECの受講生サポート

LECでは質問サポート体制は、それほど整っていません。LIVE講義に出席しない限り、講師に質問しにくいので、疑問点はどうやって質問すれば良いか、戸惑いガチです。

口コミ⑷ LECのテキスト・資料はシンプル

LECのテキストは、簡潔によくまとまっています。

しかし、体系的な整理や、詳細資料については、LECの資料だけ見てもわからないことがあります。

特に講座資料は、シンプルすぎるので、中上級者でないと内容の理解が難しいことがあります。

口コミ⑸ LECを利用すべき人

どうしても法科大学院入試に突破したい人は、LECを利用すると良いでしょう。

既修者コースにおいても、個別の法科大学院別の過去問分析コースが設置されています。

未修者コースにおいては、予備校の中ではLEC位しか対策講座を設置していないので希少性も高いのです。

LEC「法科大学院入試・対策」お試し利用する方法

LECの場合、Webで授業動画を無料で受講することができます。

LEC講座に興味を持ったら、視聴してみると良いでしょう。資料請求することも可能です。

LECの講座詳細を確認する≫

結局、LECの「法科大学院入試・対策講座」ってどうなの?

結局、LECを利用して法科大学院の入試対策することは有用だと思います。

初学者の方は、法科大学院の入試対策コースの他にも基本コースを受講すると良いでしょう。

中・上級者の方や、未修者コースの方は、LECだけで受験対策することも良いと思います。

 

合格に向けて予備校を使い倒そう!